美肌維持

生活習慣を改善することで、20代の頃よりも肌がきれいになりました。

私は子持ちのアラサー主婦ですが、スキンケアにお金や手間をかけていた20代の頃よりも肌がきれいになりました。子供を出産してからスキンケアはかなり手を抜くようになりましたが肌荒れは解消したので、おそらく生活習慣を改善したからだと思います。今回は私が出産してから肌がきれいになった体験談を紹介します。

 

結婚前20代の頃と出産後アラサーのスキンケア方法の比較

20代の頃、スキンケアは人気の基礎化粧品のラインを揃えて、丁寧にこなしていました。お風呂にあがってから、化粧水(3回重ね付け)→乳液→美容液→クリームといった順番でケアをしていました。月にかける基礎化粧品の金額は1万円ほどはかかっていたと思います。しかし常に肌荒れ、ニキビ、乾燥に悩まれていました。
出産後は、お風呂上りにオールインワン化粧水を塗るのみです。子供と一緒にお風呂に入り、寝るまでずっと子供とべったり過ごしているので、丁寧にスキンケアしている時間などありません。しかし常に化粧のノリがよいと感じています。

 

結婚前20代の頃と出産後アラサーの生活習慣の比較

20代の頃は、営業の仕事をしていました。平日は朝8時〜夜11時まで働き、終電帰りも頻繁にありました。自炊する時間などないので家に帰ればカップ麺を食べ、お風呂に入り寝るという生活をしていました。睡眠時間が短く常に眠いので飲み物はコーヒーばかり飲んでいました。ノルマに追われていたので常にストレスがたまっていました。
出産後は専業主婦として子供と過ごしています。今子供は1歳ですが夜8時には寝るので一緒に寝落ちしてしまうことが多いです。食事は基本的に自炊です。子供に授乳をするため、インスタント食品はほとんど食べず野菜が多めの食事をとっていました。飲み物は子供と同じノンカフェインの麦茶を飲んでいます。子育てもストレスを感じることはありますが、子供の笑顔でストレスが吹き飛びます。

 

まとめ

こうして比較してみると、肌をきれいに保つためには生活習慣が重要なのだなと改めて思います。自分に合ったスキンケアをすることも大切ですが、肌が荒れているときはまず生活習慣を見直すべきなのだと思います。